Do Repro! 男性不妊応援ブログ

男性のための妊活応援ブログです。男性不妊症かもしれないカップルに役立つ情報提供を目指しています。

食事をかえれば精子もかわる?食事と精子の関係

栄養や食事のパターンで精液は変わるか

妊娠成立前の個別的な栄養のカウンセリングや妊娠を試みているカッブルを指導する上で、精液所見が不良な男性においては健康的な食事のパターンを取り入れることによって精液所見の改善を促すことが重要であるとする結果がでています。

 

Strong adherence to a healthy dietary pattern is asscciated with better semen quality, especially in men with poor semen quality 

Fertil SteriL 2017 Apr;107(4):91 6 923.e2

妊娠成立前後における食事のパターンと精液の質に関わるパラメーターとの相関について調査した。 Rotterdam Periconceptional Cohort 研究に参加し妊娠に至った女性 129名の男性パー トナーを対象に前方視的コホート研究を行った。 主たる評価項目は射出精液量、精子濃度、総精子数、前進運動精子数 、総運動精子数とした。

調査の対象となった男性の平均年齢は 35 歳、平均 BMI は26.4 であった。成分分析の結果から、健康的食事のパターンと非健康的食事のパター ンに分けられた。 1標準偏差の上昇をみた因子のスコアを 1とし β 値で示した。

β 値は精子濃度では 0.278、総精子数では 1.369、前進運動精子数では 4.305、総運動精子数では 0.319 とい う結果で、すべてが健康的食事のパターンと強い相関を示した。サブグループ分析では、これらの相関は総運動精子数が1000万未満の男性に主に認められた。

非健康的な食事のパターンを試みているものにおいては精液所見の悪化の傾向は認められたが 、統計的な有意な相関は認められなかった。

 

 

f:id:dorepro:20170807151634j:plain

 

特にどんな人が影響を受けやすい?

総運動精子数が1000万以下の場合、特に相関が強いとのことです。例えば、精子容量が1.5 ml、精子濃度が1500 万/ml、運動率が 40 %ですと、1.5 × 1500万 × 0.4 =900万となり総運動精子数は900万と計算できます。この場合、健康的な食事をとることで改善される可能性があるということをこの論文は示しています。

 

dorepro.hatenablog.com

 

 

パイプカットと妊娠 精管を切ったらどうなるの?

パイプカットしても妊娠したくなったら?

いったん切断した精管をつなぐ手術を精管ー精管吻合術と言います。

これは切断した断端を縫い合わせ、精液の通り路をつくり、射出(射精)できるようにする手術です。

では、このように復元した精管を通ってきた精液で、自然妊娠は可能でしょうか?

 

精管をつなぎあわせると自然妊娠が可能なことも

以前に妊孕性(妊娠させることができること)が確認されている男性においては、一般の正常者と比較し、精管復元術後の精液所見のパラメータ(精子濃度、精子運動率、正常形態率)が有意に低い値を示しても、十分に自然妊娠が期待できることがわかりました。

2010年WHOが示した精液のパラメータの正常域は、一般的には妊娠できるかどうかの指標にはなりますが、精管復元術後の自然妊娠の予測の値とはならないと思われます。

下記に論文を紹介します。

 

過去に精管を切った139人は?

 

精管復元術は選択的避妊手術を受けた男性が再び児を得たいという場合に実施される。手術後の精管開通の予測因子に関する理解は深まったが、患者の精液所見と妊娠の可能性との関係についてはよくわかっていない。

そこで、2000〜2014年にかけて精管復元術を受けた 139 名の患者を対象に後方視的症例コントロール研究を行った。主たる評価項目は妊娠率と精液所見とした。患者と配偶者の年齢、避妊の手術からの期間、 術中所見、実施された手術方法、術後の精液所見、白 然妊娠率などに関するデータを収集した。

 

精管をつないで妊娠できるのは約半数

精管切除術後の平均期間は 9.5 年であった。 自然妊娠は 49.6 % (69/139)に認められた。自然妊娠は術中の精管に含まれる液体の質および術後の精子濃度、運動率および、strict criteria に基づいた精子形態で判定した正常精子の割合などと相関した。

 

 

妊娠できた人の精液所見は・・

自然妊娠に至った患者において術後の精液所見を調べたところ、2010年のWHO の基準で示された正常値よりも有意に低い値であった。自然妊娠に至った患者の割合は、精子濃度が500 万/ml 未満は 15% 、精子運動率が10%未満では 21.3% 、正常形態精子が 1%未満では 14.8% という結果が得られた。(訳 IMT college テキスト) 

Vasectomy reversal semen analysisnew reference ranges predict pregnancy.

Ferti & Sterti 2017 Apr;107(4):911-915. 

 

まとめ

精液所見は、通常WHOでの基準値よりも低くても、妊娠することができる、また精子濃度、精子運動率、正常形態率だけでは計れないパラメータがあるのかもしれない、ことが考えられます。女性パートナーがまだ若い場合などは、精液所見が悪いからといってすぐに体外受精や顕微授精にしなくても、自然妊娠の可能性があるということがわかりました。

 

 

どんな精子を使う? 射出 v.s.精巣、新鮮 v.s 凍結融解

f:id:dorepro:20170807161503j:plain

射出精子とは射精によって出した精子のことです

顕微授精(ICSI)に使用する精子には、大きく分けて、射出精子精巣精子(TESE、手術で取り出します)があります。また、新鮮(取れ立ての フレッシュのまま使用する)か凍結融解(いったん凍結して、採卵の日に融解する、frozen, cryo)の方法があり、この2種類の組み合わせで、4パターンになります。

凍結融解することによるメリットは、採卵=ICSI の日と採精の日を別にできることです。

卵子を凍結融解することにするともう少しバリエーションが増えます)

 

顕微授精(ICSI)をするのはどの精子がいいのか

今回紹介する論文は、極少数の精子が得られる場合、どのようなパターンがよいかを検討したものです。

極小精子症(cryptozoospermia)あるいは非閉塞性無精子症と診断された患者において新鮮射出精子凍結融解射出精子あるい は精巣精子を用い ICSI を施行し、その結果を比較した。 1999~2011 年において 274 名の患者を対象に後方視的コホート研究を行った。 103名の患者は非閉塞性無精子症であったため TESE を施行した。

 171人の初めての治療では・・

171 名 の患者は極小精子症(cryptozoospermia)と診断された。それぞれの方法を用いて、初回周期の ICSI の結果を精巣精子射出精子、 また凍結融解精子新鮮精子で比較を行った。凍結精巣精子を用いた群は 48 周期、 新鮮精巣精子を用いた群は 22周期、凍結射出精子を用いた群は 66 周期、新鮮射出精子を用いた群は 138周期であった。

 

つまり、

  1. TESEを行って、いったん精子を凍結し、後日融解して 、ICSIを行った群 48周期
  2. TESEを行って、当日ICSIを行った群 22周期
  3. マスターベーションで採取し、いったん精子を凍結し、後日融解してICSIを行った群 66周期
  4. マスターベーションで採取し、当日ICSIを行った群 138周期

に分けて検討しました。(重複あり)

 

結果は?

新鮮射出精子群においては凍結融解射出精子群よりも運動精子率は有意に高くそれぞれ 96% と 88% であった。また、新鮮射出精子群においては凍結融解射出精子群と比較し受精率は有意に高く、それぞれ 64% と 56% であった。

:::::::::::::::::::::::::

つまりマスターベーションで得た精子の場合は、

上記の3よりも4のパターン、当日のフレッシュな精子を使う ICSI がよかったということです。

論文のつづきです↓

:::::::::::::::::::::::::::::

新鮮精巣精子群と凍結融解精巣精子群において ICSI に利用可能な運動精子を認めた割合はそれぞれ 64%と62% 、受精率はそれぞれ52% と 49% で、いずれも統計的有意差は認められなかった。

(訳 IMT college テキストより引用)

Does cryopreservation of sperm affect fertilization in nonobstructive azoospermia or cryptozoospermia? 

Fertil Steril. 201 7 May; !07(5):1148 1152

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

これは、TESEの手術をする1と2の比較では、凍結してもフレッシュのままでも、それほど結果はかわらなかったという結論でした。

まとめ

この論文では、極少精子症(cryptozoospermia)の患者さんのICSIでは、当日のフレッシュな精子が凍結融解する方が受精率が高かったが、TESEを行う場合では、フレッシュでも凍結融解しても結果はほとんど変わらなかったと結論しています。

 

 

スマホで精子を見てみませんか

おかげ様でこのブログも1年経ちました。これまでの記事をまとめとして再掲させていただきます。

 まず精子の数についての記事です。

 

dorepro.hatenablog.com

dorepro.hatenablog.com

dorepro.hatenablog.com

 

「精液検査」をしたことがありますか?現在では、スマートフォンでも自宅でスクリーニングができるようになりました。

dr-kobori.com

seem.life

いずれも、スマホと専用キットがあれば、自分で精子が観察できるという素晴らしい発明です。精液がちゃんと出ている人も、精子がどのくらいいるかは肉眼ではわかりませんので、一度も検査をしたことがない方はこのようなキットで見てみるとよいかもしれません。

そしてやり方が間違っていないのにも関わらず「精子がいない?」とか「すごく少ないかも」となったら、お近くの泌尿器科を受診していただくか、一度当院リプロダクションセンターにご相談のご連絡をください。

 

f:id:dorepro:20170722154302j:plain

 

 

精子をよくするのはどんな食事ですか?

地中海式食事に従う割合が高い男性においては、 MedDiet スコア(地中海式食事スコア)で評価したところ、精子濃度、 総精子数 および精子運動率の向上が認められたという論文があります。

地中海式とは

地中海式の食事とは、

・穀類、魚介類、野菜、果物、乳製品などバランスよく摂取する

・肉類の摂取は少量(月に数回)

・油脂は主にオリーブオイルから摂取する

・食事と一緒に適量のワイン

といったものです。

MedDiet スコアは次のようにつけていきます。

 

地中海式食事(Med Diet)スコア 

http://www.cardiacrehabilitation.org.uk/docs/Mediterranean-Diet-Score.pdf

 

http://www.cardiacrehabilitation.org.uk/docs/Mediterranean-Diet-Score.pdf

 

Med Dietスコア・・何を食べるといいのか?

それぞれの点についてイエスなら1点を与え、ノーならゼロとすることで、今日のMed Diet Scoreを調べてください。もしあなたが..はい食べています、なら スコア1 、いいえの場合、スコア0

野菜
1日にカップ2杯以上の野菜

フルーツ
1日に2切れ以上の果物

●全粒粉
1日2つ以上の全粒粉の穀物

●ワイン
女性の場合は1日当たり1/2〜1飲んで、男性の場合は1〜2回(ただしこれ以上は必要ありません)


週に2回以上の魚

マメ科植物/豆類
1週間に2回以上

ナッツ/種子
ほとんどの種類のナッツ(一握り程度)

●脂肪
たくさんのオリーブオイルとその他の脂肪

●赤肉または加工肉
1週間に2回以下

合計Med Dietスコア
あなたのスコアが...
8-9 長寿!あなたの食習慣は、Med Dietに非常によく従います。
6-7 あなたはうまくいっています。さらに2つポイントを追加するのはどの項目ですか?
4-5 良いスタートですが、あなたの健康を大切にするならば、より良いことができます。
0-3   人生を変えるとき。

スコアが望むよりも低い場合は、毎月1つのカテゴリーを選択して、より良い食事の習慣を変えてください。地中海食は美味しく満足です。

 

このようなアンケートによるスコアで、地中海式食事法の割合が高い人は、点数(スコア)が高くなります。

地中海式食事スコアと精子の関連は?

今回ご紹介する論文では、このスコアを利用し、順位をつけて上位の3分の1、中くらいの3分の1、下位の3分の1の3つのグループに分けたところ、上位の3分の1と下位3分の1 のグループでは、精液検査に統計的な差を認めました。

以下論文の要約です。

地中海式食事では精液所見がよくなるか

後方視的な研究で果物、野菜、全粒穀物、魚の摂取率が高く 、肉の摂取率が低いよう な食事のパタ ーンは 精液所見の改善と相関する と報告されている。地中海式ダイエッ ト、すなわち MedDiet に従うことが精子のプロフィールの改善と相関するか否かということに関しては大規模な調査は行われていない。そこで、 地中海式ダイエットが妊娠を望む不妊カップルの男性における精液の質の向上に結びつくか否か検討した。 26 ~ 55歳の男性で、その55.1% は過体重あるいは肥満、 20.9% は喫煙者であったが、これらの男性で完全な食事のデータが得られたものを対象に分析を行った。

スコアをつけて順位をつけたところ・・

質問票を用いて地中海式ダイエットの実施状況をMedDiet スコアを用いて調べた。このスコアは O~55 に 分布 し、高いスコア であるものが地中海式ダイエットに従うレベルが高いことを意味する。精液所見はWHO 2010 のガイドラインに従った。多変量ロジス テック回帰分析を用いて MedDiet スコアの3分位間で相関を調べた。
MedDiet スコアが37 以上(66)の最も高い 3分位の男性と比較し、 30 以下(76)の最 も低い 3分位の男性においては、 WHO の精液の基準を下回るものが多く 、精子濃度に関してはそれぞれ 47.4% と 16.7% 、総精子数においては 55.3% と 22.7% 、総運動精子数では 65.8% と 31.8% 、前進運動精子率ではそれぞれ 84.2%と 62.1 %、正常形態精子ではそれぞれ 50.0% と 28.8% でいずれ も統計的有意差が認められた。
多変量回帰モデルで調べた と こ ろ、MedDietスコアが最下位の3分位にあるものにおいては異常精子濃度 をみる尤度、総精子数およ び運動率が異常である ものの尤度は最 も高位の3分位にあるものと比較し最大 2.6 倍ほど上昇する という結果が得られた。
要約おわり(訳:IMT College)
Asscciation between adherence to the Mediterranean diet and semen quality parameters in male partners of couples attempting fertility
Hum Reprod. 2017 Jan;32 (l); 215-222

 

f:id:dorepro:20170704012540j:plain

<a href='http://jp.freepik.com/free-vector/ベクター画像_1006634.htm'>Designed by Freepik</a>

 

まとめ

地中海式の食事をすることが多い男性の精液所見は、そうではない男性に比べ、良好な傾向にあります精子濃度や前進運動率が高いことは、妊娠には有利に働きます。食事は毎日のことですから、何を食べようか迷ったら、上記の食品を多く取るように努めてみてください。

精子のDNAの断片化率(DFI)と自然妊娠の関連

精子のDNAの断片化 

精子にも当然DNAがあり、これによって父親の遺伝子が子に受け継がれるのですが、これらが損傷を起こすことがあります。損傷の程度により断片化(fragmentation)することもあります。精子のDNAの断片化率をDFI : DNA Fragment Indexと呼んでいます。今回ご紹介する論文は、このDFIが25%以下である場合、それ以上の場合と比較し、自然妊娠ができる率が5倍以上高いことを報告しています。

Fertil Steril.2016 Mar:105(3):637-644.el

精子のDNAfragmentationとミトコンドリアの膜のポテンシャル(MMP、mitochondrial membrane

Potential)が、標準的な精液検査で得られたパラメーターよりも自然妊娠の確立を予測する上で優れているか否か検討した。85名の不妊男性と51名の妊孕性が確認されている男性を対象に前方視的横断面的研究を行った。精子DNAfragmentationの評価とMMPの検査および標準的精液検査のパラメーターを6~12か月にわたって観察した。DNAfragmentation、MMPおよび標準的精液検査のパラメーターをそれぞれ独立し、また併用し自然妊娠の成立との関係を比較した。

 

不妊カップルにおいては31%(26/85)が妊娠に至った。DNAfragmentationおよびMMPの中央値は観察期間中に妊娠に至った男性群と妊孕性が確認されているコントロール群の男性とに差異は認められなかった。DNAfragmentationとMMPの至適閾値をROCカーブを用いて調べたところ、DNAfragmentationが25%とした場合、そのAUCは0.70、またMMPの閾値を62.5%とした場合、そのAUCは0.68という結果であった。

 DNAfragmentationが25%以下およびMMPが62.5%以下の不妊男性群において妊娠に至るオッズは有意に上昇し、それぞれのオッズ比は5.22と4.67という結果であった。正常精液所見は自然妊娠を予測することはできず、そのオッズ比は1.84で統計的有意差は認められなかった。精子機能検査を併用した場合、自然妊娠のオッズは有意に上昇し、そのオッズ比は8.24、いずれも正常と判定された場合の自然妊娠の確立は60.7%、異常と判定された場合では15.8%にとどまった。(以上、日本語訳  IMT college国際医療技術研究所 より)

 

このことは、自然妊娠ができるかどうかを予測する場合、通常の精液検査もさることながら、DFIを検査し25%以下であること、MMPが62.5以下であることも重要な所見であり、併用することの有用性を示唆しています。

 

f:id:dorepro:20170722155900p:plain

 

インフルエンザで精子がダウンする?

毎年冬になるとインフルエンザが猛威をふるいます。予防接種をうっていても罹患することがあるため本当に厄介な病気です。

 男性不妊外来をしておりますと、「実は先日インフルエンザにかかったんです」という方をしばしば見かけます。はたしてインフルエンザにかかると精液所見に変化があるのでしょうか?

当院での不妊治療中の男性で、インフルエンザに罹患した方々の精液所見を経時的に調べてみました。結果は表の通りです。

 

 

インフルエンザ罹患前

罹患後1-6週

罹患後8-9週

平均精液量(mL)

4.2

2.6

3.0

平均精子濃度(万/mL)

2850

265

2785

平均精子運動率(%)

46.8

23.3

66.3

 

インフルエンザに罹患すると1週〜6週で精液所見は悪化しています。中でも精子濃度が著しく低下しているのが分かりますね。しかしながら罹患後8〜9週経過すると精子濃度、運動率ともに改善しているのが見てとれます。

この結果から、【インフルエンザ罹患後は、著しく精子濃度は低下し、運動率も低下するが8週間程度で回復してくる】と言えるのではないでしょうか。

 精巣はもともと高温環境に弱いので、インフルエンザによる高熱が原因で精液所見が悪くなったんでしょうね。妊活中の男性はインフルエンザにならないよう最大限の予防策を講じることが大切ですね。

f:id:dorepro:20160730171338j:plain

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29