読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Do Repro! 男性不妊応援ブログ

男性のための妊活応援ブログです。男性不妊症かもしれないカップルに役立つ情報提供を目指しています。

精子のDNAの断片化率(DFI)と自然妊娠の関連

 

 精子にも当然DNAがあり、これによって父親の遺伝子が子に受け継がれるのですが、これらが損傷を起こすことがあります。損傷の程度により断片化(fragmentation)することもあります。精子のDNAの断片化率をDFI : DNA Fragment Indexと呼んでいます。今回ご紹介する論文は、このDFIが25%以下である場合、それ以上の場合と比較し、自然妊娠ができる率が5倍以上高いことを報告しています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

Fertil Steril.2016 Mar:105(3):637-644.el

精子のDNAfragmentationとミトコンドリアの膜のポテンシャル(MMP、mitochondrial membrane

Potential)が、標準的な精液検査で得られたパラメーターよりも自然妊娠の確立を予測する上で優れているか否か検討した。85名の不妊男性と51名の妊孕性が確認されている男性を対象に前方視的横断面的研究を行った。精子DNAfragmentationの評価とMMPの検査および標準的精液検査のパラメーターを6~12か月にわたって観察した。DNAfragmentation、MMPおよび標準的精液検査のパラメーターをそれぞれ独立し、また併用し自然妊娠の成立との関係を比較した。

 

不妊カップルにおいては31%(26/85)が妊娠に至った。DNAfragmentationおよびMMPの中央値は観察期間中に妊娠に至った男性群と妊孕性が確認されているコントロール群の男性とに差異は認められなかった。DNAfragmentationとMMPの至適閾値をROCカーブを用いて調べたところ、DNAfragmentationが25%とした場合、そのAUCは0.70、またMMPの閾値を62.5%とした場合、そのAUCは0.68という結果であった。

 DNAfragmentationが25%以下およびMMPが62.5%以下の不妊男性群において妊娠に至るオッズは有意に上昇し、それぞれのオッズ比は5.22と4.67という結果であった。正常精液所見は自然妊娠を予測することはできず、そのオッズ比は1.84で統計的有意差は認められなかった。精子機能検査を併用した場合、自然妊娠のオッズは有意に上昇し、そのオッズ比は8.24、いずれも正常と判定された場合の自然妊娠の確立は60.7%、異常と判定された場合では15.8%にとどまった。

(以上、日本語訳  IMT college国際医療技術研究所 より)

::::::::::::::::::::::::::::::::

このことは、自然妊娠ができるかどうかを予測する場合、通常の精液検査もさることながら、DFIを検査し25%以下であること、MMPが62.5以下であることも重要な所見であり、併用することの有用性を示唆しています。

 

インフルエンザで精子がダウンする?

毎年冬になるとインフルエンザが猛威をふるいます。

予防接種をうっていても罹患することがあるため本当に厄介な病気です。

 

男性不妊外来をしておりますと、

「実は先日インフルエンザにかかったんです」という方をしばしば見かけます。

 

はたしてインフルエンザにかかると精液所見に変化があるのでしょうか?

当院での不妊治療中の男性で、

インフルエンザに罹患した方々の精液所見を経時的に調べてみました。

結果は表の通りです。

 

 

インフルエンザ罹患前

罹患後1-6週

罹患後8-9週

平均精液量(mL)

4.2

2.6

3.0

平均精子濃度(万/mL)

2850

265

2785

平均精子運動率(%)

46.8

23.3

66.3

 

インフルエンザに罹患すると1週〜6週で精液所見は悪化しています。

中でも精子濃度が著しく低下しているのが分かりますね。

しかしながら罹患後8〜9週経過すると精子濃度、運動率ともに

改善しているのが見てとれます。

この結果から、

【インフルエンザ罹患後は、著しく精子濃度は低下し、

運動率も低下するが8週間程度で回復してくる】

と言えるのではないでしょうか。

 

精巣はもともと高温環境に弱いので、

インフルエンザによる高熱が原因で精液所見が悪くなったんでしょうね。

妊活中の男性はインフルエンザにならないよう

最大限の予防策を講じることが大切ですね。

f:id:dorepro:20160730171338j:plain

精索静脈瘤術後の精液所見悪化について

精液所見をよくするために手術をしたのに、かえって悪くなることがあるのでしょうか?

男性不妊バイブルからの引用です。

maleinfertility.jp

Q.重度の精索静脈瘤による乏精子症と診断され、精液検査の結果、濃度が50万前後とのことで、顕微受精適応と言われました。そこで顕微受精と並行して昨年4月に精索静脈瘤の手術を行いました。

しかし、結果は全く良くならず、術後3ヶ月経ってからの精液検査では精子数14個という数値が出た時もあり、むしろ悪くなっているような感じもします。

このような場合やはり無精子症になってしまうのでしょうか?

 

A. 手術時に尿道に留置されたバルーンカテーテルにより精巣上体や前立腺に炎症が起こり極端に精液所見が悪化することがあります。

精索静脈瘤は、進行性疾患であり、多くの患者さんで時がたつにつれて精液所見は悪化します。しかし、ご相談にあるようにここまで極端に悪化するのは極めてまれです。

そこで、お尋ねしたいのですが、精索静脈瘤の手術はどのような手術をどこで受けたのでしょうか?
手術時に、麻酔の関係で尿道にバルーンカテーテル の留置を受けたりしていませんでしょうか?
と言いますのは、手術時に尿道に留置された、バルーンカテーテルにより、精巣上体や前立腺に炎症が起こり、精子の通過障害が起こっていると、極端に精液所見が悪化するからです。

一度、手術の経過のもう少し詳しい情報をお教えください。

f:id:dorepro:20161011144448j:plain

夫は遅漏?妊娠に影響はありますか?

今回は、奥様からのご相談です。(男性不妊バイブルより)

maleinfertility.jp

f:id:dorepro:20160928234517j:plain

Q. 主人が遅漏のため最後まで射精出来ずに終わるといった事が2・3回に1度はあります。
今月は排卵にあわせて3回行ったのですがすべてダメでした。
そこで質問です。
仮に最後はなんとか射精できたとして、妊娠に影響ありますか?

A. ご相談の遅漏の件ですが、現在同様の状態でお悩みのカップルはたくさんおられます。

特に、マスターベーションでは上手く射精出来るのに、パートナーとのセックスでは上手く膣の中で射精出来ない、いわゆる膣内射精障害の男性が急に増えています。私たちの不妊外来の集計でも、1997年頃から増えています。

この原因は、誤ったマスターベーションによるものが最も多く、次に性的興奮の対象が特殊な場合があります。具体的には、コスプレに興味があったり、セックスの環境が射精に影響を与えている場合があります(自宅では射精出来なくても、ラブホテルでは出来るとか。ベッドでは射精出来なくても、浴室では出来るとか)。また、ごくまれに原因不明ですが、マスターベーションでもセックスでも射精出来ない男性がおられます。
お尋ねの、遅漏の男性ですが、射精障害があると射精の完成度が落ちてしまいます。精液は、一度の射精ですべて出尽くしてしまうのではないので、射精の完成度が低い場合(これは射精液量に反映されます)射精液量が少なく、精子濃度が低く、精子運動率も低下してしまいます。つまり、セックスして妊娠する自然妊娠のチャンスが少なくなります。

では、どうすれば良いのでしょうか?

まず、遅漏の原因を見つけ出す必要があります。
このためには、治療経験の豊富な男性不妊を専門にする医師の診察を受けることが最も近道です。案外多い病気ですが、診療にかかわっている医師は少ないのが現状です。決して恥ずかし事ではなく、お子さんを授かりたいカップルにとっては深刻な状態ですので、お近くの不妊の治療を行なっているクリニックに相談して信頼できる医師をご紹介頂くか、お住まいの地域をお知らせ頂ければ、対応いたします。

遅漏を治すサプリメントについてのご質問ですが、これは原因によってかなり治療方法が違いますので、個々の患者さん毎に対応してもらうのが良いと考えます。

 

 

おたふくかぜの予防接種で男性不妊症は防げますか? 後編

おたふくかぜ(ムンプス)の話題、後編です。

全編の引用元のリンクは、下記のとおりです。

yomidr.yomiuri.co.jp

現在、日本ではMMRワクチン(ムンプス、麻疹、風疹のワクチン)ではなく、

ムンプスを抜いたMRワクチン(麻疹と風疹のワクチン)

就学前に2回の定期予防接種となっています。

その理由は、ムンプスウイルスのワクチン接種で

無菌性髄膜炎という重篤な副作用があったからです。

しかし、国立感染症研究所のホームページを見ると、

予防接種をしないで無菌性髄膜炎になったが症例が1%以上であったのに対し、

ワクチン接種にともなう無菌性髄膜炎は0.05%であったといわれています。

さらに、現在ではムンプスワクチンによる無菌性髄膜炎の副作用は、

さらに少ないことがわかっています。

 

 現在、ムンプスワクチンは任意接種となっていますが、

私は男性不妊症の専門家としてワクチンの接種をお勧めしたいと考えています。

ワクチンを打つことで、男性不妊症も予防できる可能性があるのです。

 

 ただし、日本だけでなく世界でも定期的に

アウトブレイク(集団発生)が起こっています。

例えば、2年前のボスニア・ヘルツェゴビナ、去年のオランダとスペインでアウトブレイクが起こったことが報告されました。

その新規患者の7割がワクチン接種済みだったとのことですが、

接種が1回だけで不十分であったことが指摘されています。

 

ムンプスワクチンの効果と安全性は、諸外国での成績などより明らかとなっています。

しかし、わが国では残念ながら、現在も定期接種の対象になっていません。

そもそも多くの人がワクチンを接種していれば、流

行がコントロールされることにより合併症も予防されます。

ムンプスワクチン接種が義務でないのは先進国では日本だけなのです。

 

 ワクチンの問題は、難しい問題であると思います。

 近年では、子宮 けい がんワクチンをめぐり様々な議論がされているのはご存じの通りです。

 ムンプスワクチンは、厚労省がまとめた予防接種の基本計画の中で、

広く接種が望ましいワクチンの一つにあげられ、定期接種を目指す動きもあります。

今後、正しいエビデンスに基づいた議論がされることを望みます

おたふくかぜの予防接種で男性不妊症は防げますか? 前編

今回は、ヨミドクターからの記事です。

yomidr.yomiuri.co.jp

 

おたふく風邪は、正式には、流行性耳下腺炎といいます。

耳下腺とは あご の横にある唾液を出すためにある組織です。

ムンプスウイルスに感染して起こります。

両頬が腫れることから、別名おたふく風邪と呼ばれています。

 

 おたふく風邪の合併症には、

無菌性髄膜炎、感音性難聴、脳炎、精巣炎、卵巣炎、 すい炎があります。

患者の100人に1~2人が無菌性髄膜炎を発症し、

入院が必要となるような状態になります。

また、ムンプス難聴は患者の0.1~1%にみられ、

年間700~2,300人のムンプス難聴(高度感音性難聴)が日本で発生していると推定されています。

逆に、20%ほどがムンプスウイルスに感染しても耳下腺炎を発生しない(頬が腫れない)というややこしいこともあります。

男性不妊を専門とする泌尿器科医として、皆さんに注目してほしいのが、精巣炎です。

ムンプスウイルスの感染により両側の精巣炎になると

なんと精子が出来づらくなり、

精巣炎になってしまった30~87%が男性不妊症になる可能性があるのです。

 おたふく風邪の原因はムンプスウイルスと先ほど書きましたが、

ワクチンがあります。

麻疹、流行性耳下腺炎、風疹を予防することができるワクチンは、

麻疹(measles)、流行性耳下腺炎(mumps)、風疹(rubella)の頭文字を取ってMMRワクチンと呼ばれます。

かつて、MMRワクチンを使用することで自閉症になる可能性があるという論文が報告されて議論を呼んだのですが、

結局のところはその内容が虚偽であることがわかり、

論文を発表したイギリスの医師は医師免許を剥奪されたというドラマチックな物語もありました。

:::::::::::::::::::::::::::

後編は次回へ。

 

 

男性機能障害が原因となる不妊症

男性不妊の原因は1位は「精巣で精子を作る機能が低下」

厚生労働省の研究班の調査(2015年)によると

男性不妊の原因は

「精巣で精子を作る機能が低下」が82.4%、

次いで「勃起や射精などができない」が

13.5%でした(表1)。

出典:平成27年 厚生労働省「男性不妊調査」

 

 

精巣で精子を作る力が低下

 

82.4%

 

精索静脈瘤

 

30.2%

染色体・遺伝子異常など

 

10.1%

原因不明

 

42.1%

勃起や射精などができない

 

13.5%

 

勃起不全

 

6.1%

射精障害

 

7.4%

精子の通り道が詰まっている

 

3.9%

 

閉塞性無精子症

 

3.9%

 

治療可能な性機能障害

この中で勃起や射精に問題がある性機能障害は

カウンセリングと投薬にて治療可能であり、

高度生殖補助医療を回避できるケースも

少なくありません。

これらを治療することにより、

患者とそのパートナーにかかる肉体・

精神・経済的負担を軽減することが

できるだけでなく、不妊治療の時期を経た

将来における幸せなセックスライフを送る

きっかけにもなりえます。

また、不妊治療が契機となり自分自身の、

またはパートナーの性機能障害に

初めて向き合うことになるケースも多く、

お互いの心中を理解しあい、

気持ちを整理するように手助けする、

セックスカウンセリングは非常に重要であると

考えられます。

パートナーである女性の協力が必要不可欠

不妊治療における男性性機能障害の治療には

パートナーである女性の協力が

必要不可欠です。

カウンセリング時には同席してもらうことで

お互いの疾患への理解を深めることが

可能となり、治療への手助けとなります。

また、男性不妊症患者やパートナーの

年齢や希望を考慮し、

治療のゴールを決定する必要があります。

いったん不妊治療を開始された後には、

セックスカウンセリングより

不妊治療が優先されがちですが、

不妊治療が成功した後にも

性機能障害の治療を希望されるケースも

あるため、

患者のニーズに合わせた治療が必要となります。