Do Repro! 男性不妊応援ブログ

男性のための妊活応援ブログです。男性不妊症かもしれないカップルに役立つ情報提供を目指しています。

おたふくかぜの予防接種で男性不妊症は防げますか? 後編

おたふくかぜ(ムンプス)の話題、後編です。全編の引用元のリンクは、下記のとおりです。

yomidr.yomiuri.co.jp

現在、日本ではMMRワクチン(ムンプス、麻疹、風疹のワクチン)ではなく、ムンプスを抜いたMRワクチン(麻疹と風疹のワクチン)が就学前に2回の定期予防接種となっています。その理由は、ムンプスウイルスのワクチン接種で無菌性髄膜炎という重篤な副作用があったからです。

しかし、国立感染症研究所のホームページを見ると、予防接種をしないで無菌性髄膜炎になったが症例が1%以上であったのに対し、ワクチン接種にともなう無菌性髄膜炎は0.05%であったといわれています。

さらに、現在ではムンプスワクチンによる無菌性髄膜炎の副作用は、さらに少ないことがわかっています。

 現在、ムンプスワクチンは任意接種となっていますが、私は男性不妊症の専門家としてワクチンの接種をお勧めしたいと考えています。ワクチンを打つことで、男性不妊症も予防できる可能性があるのです。

 ただし、日本だけでなく世界でも定期的にアウトブレイク(集団発生)が起こっています。例えば、2年前のボスニア・ヘルツェゴビナ、去年のオランダとスペインでアウトブレイクが起こったことが報告されました。その新規患者の7割がワクチン接種済みだったとのことですが、接種が1回だけで不十分であったことが指摘されています。

 ムンプスワクチンの効果と安全性は、諸外国での成績などより明らかとなっています。

しかし、わが国では残念ながら、現在も定期接種の対象になっていません。そもそも多くの人がワクチンを接種していれば、流行がコントロールされることにより合併症も予防されます。ムンプスワクチン接種が義務でないのは先進国では日本だけなのです。

  ワクチンの問題は、難しい問題であると思います。近年では、子宮 けい がんワクチンをめぐり様々な議論がされているのはご存じの通りです。ムンプスワクチンは、厚労省がまとめた予防接種の基本計画の中で、広く接種が望ましいワクチンの一つにあげられ、定期接種を目指す動きもあります。今後、正しいエビデンスに基づいた議論がされることを望みます

おたふくかぜの予防接種で男性不妊症は防げますか? 前編

今回は、ヨミドクターからの記事です。

yomidr.yomiuri.co.jp

 

おたふく風邪は、正式には、流行性耳下腺炎といいます。耳下腺とは あご の横にある唾液を出すためにある組織です。ムンプスウイルスに感染して起こります。両頬が腫れることから、別名おたふく風邪と呼ばれています。

 おたふく風邪の合併症には、無菌性髄膜炎、感音性難聴、脳炎、精巣炎、卵巣炎、 すい炎があります。患者の100人に1~2人が無菌性髄膜炎を発症し、入院が必要となるような状態になります。

また、ムンプス難聴は患者の0.1~1%にみられ、年間700~2,300人のムンプス難聴(高度感音性難聴)が日本で発生していると推定されています。逆に、20%ほどがムンプスウイルスに感染しても耳下腺炎を発生しない(頬が腫れない)というややこしいこともあります。

男性不妊を専門とする泌尿器科医として、皆さんに注目してほしいのが、精巣炎です。ムンプスウイルスの感染により両側の精巣炎になると、なんと精子が出来づらくなり、精巣炎になってしまった30~87%が男性不妊症になる可能性があるのです。

おたふく風邪の原因はムンプスウイルスと先ほど書きましたが、ワクチンがあります。麻疹、流行性耳下腺炎、風疹を予防することができるワクチンは、麻疹(measles)、流行性耳下腺炎(mumps)、風疹(rubella)の頭文字を取ってMMRワクチンと呼ばれます。

かつて、MMRワクチンを使用することで自閉症になる可能性があるという論文が報告されて議論を呼んだのですが、結局のところはその内容が虚偽であることがわかり、論文を発表したイギリスの医師は医師免許を剥奪されたというドラマチックな物語もありました。:::::::::::::::::::::::::::

後編は次回へ。

 

 

男性機能障害が原因となる不妊症

男性不妊の原因は1位は「精巣で精子を作る機能が低下」

厚生労働省の研究班の調査(2015年)によると男性不妊の原因は

「精巣で精子を作る機能が低下」が82.4%、次いで「勃起や射精などができない」が

13.5%でした(表1)。

出典:平成27年 厚生労働省「男性不妊調査」

 

 

精巣で精子を作る力が低下

 

82.4%

 

精索静脈瘤

 

30.2%

染色体・遺伝子異常など

 

10.1%

原因不明

 

42.1%

勃起や射精などができない

 

13.5%

 

勃起不全

 

6.1%

射精障害

 

7.4%

精子の通り道が詰まっている

 

3.9%

 

閉塞性無精子症

 

3.9%

 

治療可能な性機能障害

この中で勃起や射精に問題がある性機能障害はカウンセリングと投薬にて治療可能であり、高度生殖補助医療を回避できるケースも少なくありません。これらを治療することにより、患者とそのパートナーにかかる肉体・精神・経済的負担を軽減することができるだけでなく、不妊治療の時期を経た将来における幸せなセックスライフを送るきっかけにもなりえます。

また、不妊治療が契機となり自分自身の、またはパートナーの性機能障害初めて向き合うことになるケースも多く、お互いの心中を理解しあい、気持ちを整理するように手助けする、セックスカウンセリングは非常に重要であると考えられます。

パートナーである女性の協力が必要不可欠

不妊治療における男性性機能障害の治療にパートナーである女性の協力が必要不可欠です。カウンセリング時には同席してもらうことでお互いの疾患への理解を深めることが可能となり、治療への手助けとなります。また、男性不妊症患者やパートナーの年齢や希望を考慮し、治療のゴールを決定する必要があります。

いったん不妊治療を開始された後には、セックスカウンセリングより不妊治療が優先されがちですが、不妊治療が成功した後にも性機能障害の治療を希望されるケースも

あるため、患者のニーズに合わせた治療が必要となります。

男性のための妊活アニメ(女性編)

このブログは男性不妊症をメインに扱っていますが、パートナーである女性は、産婦人科領域に関係した検査や治療を行うことになります。

 

今回は、産婦人科領域で行うことをアニメーションにしてみました。妊活初めての男性でもわかるようにつくってみたつもりですが、いかがでしょうか


不妊治療の概要

おじさんになってからの子供にはリスクはありますか? 後編

前回にひきつづきヨミドクターから、後半です。

yomidr.yomiuri.co.jp

 

父親の年齢が高くなると悪いことしかないのでしょうか?答えはNOです。良いこともあります。それは、テロメアの話です。テロメアというのは、染色体末端に存在するDNAの繰り返し配列で、細胞分裂の時に遺伝子が壊れないように保護する働きが知られています。

実は、このテロメアは細胞が分裂するたびにだんだん短くなってきます。そして、テロメアが短くなりすぎてしまった細胞は、それ以上分裂できなくなってしまうのです。

つまり、その細胞は「老化」した、ということになります。

テロメアは細胞が分裂するに従い、年齢とともに短くなっていきますテロメアが短い人の方が寿命も短いという報告もあるのです。つまり、テロメアは「細胞分裂の回数券みたいなもの」と考えられています。

しかし、テロメアーゼという酵素の働きにより、なんととしをとるに従い精子のもと・精祖細胞のテロメアは長くなっていくということがわかっています。これを読み解くと、「歳をとった父親から生まれた子供は長生きする可能性がある」ということなのです。

歳をとった男性の精子が人間を長生きさせるきっかけになる、若者ばかりの精子を用いると将来人間は短命になる、と説明している科学者もいます。ただし、長期間、生まれた子どもの経過を追えている信頼できるデータはまだありません。

 父親の加齢による悪影響(病気のリスク増加)と好影響(テロメアの延長)、それぞれどのような利益を将来の人類にもたらすことができるのか? また、テロメアの延長は、人間の進化のきっかけとなりうるのか? これらの研究は現在進行形で進んでいます。

おじさんになってからの子供にはリスクはありますか? 前編

今回は、ヨミドクターからの記事です。 

yomidr.yomiuri.co.jp

国内の初産年齢は30歳を超えましたが、当然父親の年齢も高齢化してきています。これは日本だけの話ではないようです。オーストラリアでは、ここ20年間で父親となる平均年齢が3歳上昇しており、ドイツではなんとたった10年間で2歳上昇しているといいます。同様の傾向は先進国各国で起こっています。

社会的・経済的な影響や、離婚率の増加により高齢再婚時に出来た子供が増加していることが指摘されています。父親の年齢の上昇はどんな影響を及ぼすのでしょうか?

まず精液の量が減り、精子数が減少することが知られています。自然妊娠率も下がります。ただし、体外受精や顕微授精では、妊娠・出産率が変化しないとの報告があります。

一方、父親の年齢が上昇することで、死産率や低体重児、また早産児のリスクが上昇するとの報告もあります。原因は、二つあります。

 一つは精子のDNAへのダメージです。

 もう一つは精子染色体の数が多くなったり少なくなったりすることが起こることです。これを異数性といいます。

これらが起こることにより生まれる子供の、自閉症統合失調症などの精神的疾患、アペール症候群、クルーゾン症候群、マルファン症候群などの非常に特殊な遺伝的疾患、MEN2Aまたは2Bという内分泌疾患が起こる可能性が高くなるのです。

::::::::::::::::::::::::::

悪いことばかりなのでしょうか?

つづきは後編へ

 

 

タイミング療法と勃起障害

 セックスの回数が半分に?

不妊治療の一環としてタイミング療法排卵日を推定して性行為を予定して行う方法)が一般的に行われています。しかし、タイミング療法を開始してから、性交回数が減少する傾向があり、生殖を意図した義務的な性行為がストレスとなり、勃起障害を起こすこともあります

過去に日本生殖医学会で報告された研究では、タイミング療法が行われる前までは

平均性交回数が約月4回であったのにもかかわらず、タイミング法が行われるようになると約月2回に減少したという報告がありました。子供を作ろうとしたのに、逆にセックスの回数が減少してしまったというのです。みんな、真面目に排卵時期だけにセックスに取り組んでしまったということですね。

f:id:dorepro:20160818220442j:plain

セックスにまじめに取り組むと・・・

そうなると、不思議なもので男性は勃起しづらくなってしまいます。なぜかというと、理由があります。

勃起は副交感神経(リラックスする時に高まる神経)が優位の際に起こりやすのです。だから、タイミング法の時に「今日は頑張ってセックスしなくちゃ」とか、「今日こそ妊娠させなくてはならない」など目的が起きると緊張の神経(交感神経)が優位になり勃起しづらくなってしまうのです。

どうしたらいいでしょうか?

これら不妊治療に関連した性機能障害は心因性(機能性)勃起障害の典型例であり、

PDE5阻害薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)が非常に有効です。

不妊治療中に勃起障害にお悩みの方は、泌尿器科に受診することをお勧めします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29